血行不良サプリメント※人気ランキング

血行を良くする方法はいくつかあります。

 

血行不良の原因の一つである運動不足は、それを解消して筋肉量を増やすことで血流を良くすることができます。

 

また、毎日の食事から摂れる栄養に気を付けることでも、血流改善につながります。

 

食事と運動という基本的な方法以外にも血流改善の方法があり、それを知り実践することで血液の健康を保つことができます。

 

自律神経は、交感神経と副交感神経という正反対の働きを持つ2つの神経から成り、意識せずに行われる機能、例えば血液の循環や内臓を動かす、栄養を吸収するなどをつかさどる神経系です。

 

自律神経は、交感神経と副交感神経のバランスが正常に保たれることで健康な状態を維持します。

 

この交感神経がストレスによって副交感神経より優位になってしまうと、外部から受ける刺激に対する神経が集中してしまい敏感になるので、イライラすることが多くなります。

 

精神的なストレスによって筋肉にも緊張が起こり、緊張で硬くなった筋肉は血管を収縮させて血行不良を引き起こすため、慢性的な疲労の原因にもなります。

 

さらに交感神経は、血液を酸化させる活性酸素を発生させるため、参加した血液がドロドロになり血行が悪くなります。

 

ドロドロになった血流は、血管に詰まりやすくなるので、状態がさらに悪化すれば脳梗塞や狭心症、心筋梗塞といった恐ろしい疾患を引き起こす可能性もあるのです。

 

これを防ぐためには、自律神経のバランスを乱す原因となるストレスを受けない生活を心がけることです。

 

好みの音楽を聴いたり映画観賞したり、散歩や運動でストレスを発散したり、ゆったり旅行をするなど自分の好きなことで早めにストレスを解消することで、血液がドロドロになるのを防ぐことができます。

 

入浴の際にシャワーで済ませずに湯船に浸かるようにするのも血流改善には効果的です。

 

入浴によって身体を温めるだけで、血管が拡張するので血液の循環もスムーズになります。

 

手足の指先だけが冷えているという冷え性の人は、下半身の血行不良が原因の場合が多いため、湯船にゆっくり入浴することで冷え性改善につながります。

 

特に女性の場合、冷え性は子宮や卵巣などの重要な臓器に影響を及ぼし、生理痛や不妊症の原因となる場合もあるので注意が必要です。

 

血行不良に陥りやすいのは、男性よりも女性に多いといわれています。

 

これは、女性の方が男性よりも筋肉量が少ないためですが、生理や無理なダイエットも血行不良の原因になります。

 

血行不良は、女性にとって避けたい肌の老化の原因にもなります。

 

血行不良が続くと、肌がたるんだり、シミやシワが目立つようになってしまうため、見た目で老けた印象を与えてしまいます。

 

アンチエイジングにも効果的な成分に、ビタミンEやビタミンC、鉄分などがありますが、血行不良にも効果的です。

 

これらの成分は、食事によって十分な量を摂取するのが難しいため、サプリメントの利用が最適です。

 

コレステロールの代謝を促進したり、疲労回復に効果的なビタミンCは、赤ピーマンや黄ピーマン、パセリ、ブロッコリーに多く含まれています。

 

ビタミンEは、血管の中で血液が固まるのを予防するはたらきがあるので、血行をスムーズに保つ効果が期待できます。

 

すじこやいくら、あゆ、いわし、たらこなどに豊富に含まれますが、塩分もあるため大量に摂取することのできない食材が多いです。

 

自分の体のこととはいえ、血液の不調は自覚症状がなくて気づきにくいものです。

 

日々の生活の中で、血行不良にならないように気を配ったり、血行不良を改善する方法を実践するように心がけましょう。

 

手軽に飲めるサプリメントは、そんな毎日をサポートする便利なアイテムなんです。



ホーム RSS購読 サイトマップ