血行不良サプリメント※人気ランキング

近年、日本では健康ブームが起こり、健康のためにサプリメントを飲んでいるという人も少なくありません。

 

食事で摂るのが難しい栄養や食事だけでは足りない分を補ったり、忙しくて食事バランスに気を配れないという人が愛用していたりと、サプリメントのメリットはいろいろあります。

 

中でもサプリメントを利用する際の一番のメリットといえば、やっぱり手軽さだという人も多いのではないでしょうか。

 

サプリメントは、血行不良の改善をサポートすることもできます。

 

血行が悪くなる原因には、運動不足を含めた生活習慣や食事バランスの乱れ、ストレスなどいろいろありますが、血行不良を改善する方法もいろいろあります。

 

運動をしたり、温熱療法を用いたり、ヨガやツボ押しも効果的ですし、毎食の献立に気を配って身体を温める栄養を積極的に摂るという方法もあります。

 

しかし、忙しい毎日の中では、こうした方法にかけるだけの時間がつくれないという人も多いですよね。

 

そんな時こそサプリメントの出番です。

 

サプリメントのメリットである手軽さは、そんな時間の無い人にもぴったりといえるでしょう。

 

さらに、ミネラルやビタミンは、食事で十分な量を摂ろうとすると大量に食べなければなりませんが、サプリメントなら数粒のむだけで栄養素が摂取できるため、忙しい現代人が健康な身体を維持するためには必要なものといえます。

 

サプリメントには効果別にさまざまな種類がありますが、血行不良を改善するサプリメントも販売されていて、血行不良が原因で引き起こされる冷え性や筋肉のコリに悩む人がいかに多いかが伺えます。

 

もちろん、サプリメントは補助食品ですから、通常の食事に何を食べても大丈夫というわけではありません。

 

血行不良で引き起こされた症状を緩和させるだけでなく根本から血行を改善して健康を手に入れるためにも、サプリメントの効果をアップさせるためにできる範囲での改善は必要です。

 

食事の見直しや、毎日運動をするのが難しい場合は、姿勢に気をつけたり簡単なストレッチをするなどのちょっとした心がけが大切です。

 

また、激しい運動は、逆に血液をドロドロにしてしまう場合もあるので、有酸素運動のウォーキングや軽いジョギングが最適です。

 

では、実際に血行不良に効果的なサプリメントにはどのような成分が入っているのでしょうか?

 

日本で、血液をサラサラにする食材としてよく知られているのはタマネギです。

 

タマネギには「ケルセチン」という成分が含有されていて、この成分は毛細血管の血行を改善する効果があるとされています。

 

毛細血管は動脈と静脈を繋ぐ極細い血管で、身体の隅々まで張り巡らされ、全身に熱を運んでいます。

 

この毛細血管を丈夫にしてくれるのが、蕎麦に含まれている「ルチン」という成分です。

 

また、納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」という成分は、血栓を防いだり改善したりする効果があるため、血管が詰まるのを予防することができます。

 

そして、身体を温める食べ物としてよく知られるショウガも血行不良の改善に役立ちます。

 

ショウガには「ショウガオール」と「ジンゲオール」という成分が含まれていて、血管を拡張して血流を改善するはたらきがあるため、血液のめぐりが良くなって身体が温まるのです。

 

ショウガが冷え症に効果的といわれるのは、こうしたはたらきによるものです。

 

他にも、アジやサンマ、サバ、イワシなどの青魚に含有されるDHAやEPAも血液をサラサラにする効果が期待できるとされています。

 

このように、血行不良を改善する成分はいろいろありますから、これらの有効成分が配合されたサプリメントを活用して、血液の健康を保つように心がけましょう。



ホーム RSS購読 サイトマップ