血行不良サプリメント※人気ランキング

子供の手が離れたり、経済的な余裕が生まれるミドルエイジ世代は、改めて健康と向き合う時間が多くなるため、自分の健康について積極的になる世代でもあります。

 

40代から50代の頃になると、加齢によるさまざまな要因で血液はどうしてもドロドロになってしまうものです。

 

ドロドロ血液は血行を滞らせるため、血管の詰まりから生じる生活習慣病にかかりやすくなってしまうのです。

 

健康ブームによって生活習慣病の恐ろしさが広く知られたことにより、血行不良改善を含めた健康維持のために、毎日運動することを心がけているというミドルエイジ世代の人が増えてきています。

 

町中では、ジョギングやウォーキングに精を出す人たちをよく見かけるようになりましたよね。

 

健康維持のためには欠かせない運動ですが、間接に問題や痛みを抱える人は、運動を継続するのが難しい場合もあります。

 

また、まだまだ現役世代ですから、仕事や家事に忙しくて日常的に運動をする時間がつくれないという人も少なくありません。

 

そこで役立つのがサプリメントです。

 

サプリメントは、健康ブームと共に日本にも広がり、忙しい現代人の栄養補給に欠かせないものとなりました。

 

血行不良に悩む人のためのサプリメントもたくさんあります。血液をサラサラにする成分は、食事からでも摂取できますが、サプリメントを使えば足りない分を補うことができます。

 

そもそも、食品に含まれる栄養成分は、十分な量を摂取するには大量に食べなければならないものが多く、普通の食事では摂りきれません。

 

また、加熱すると壊れてしまうものもあり、料理に取り入れるのが難しい場合もあります。それに、毎日毎食の献立に血液サラサラ成分を取り入れることを考え続けるのも大変ですよね。

 

その点、サプリメントなら、毎日少量のカプセルやタブレットを飲むだけなので、血行不良に効く栄養が手軽に摂取できます。

 

サラサラの血液を維持しようと考えるなら、サプリメントを使わない手はありません。

 

そんな血行不良のためのサプリメントにおける有効成分を見てみましょう。

 

まずは、大豆発酵エキスです。

 

血流改善効果があるとして注目を集めている成分で、大豆を納豆菌によって発酵させ、特殊な技術で抽出したものです。

 

血液が滞る原因のひとつに活性酸素があります。

 

生活習慣病のほとんどは活性酸素が要因といわれています。

 

活性酸素自体は、本来なら細菌やウイルスから私たちを守ってくれるものですが、過剰につくられると細胞を傷つけてしまうのです。

 

過剰な活性酸素は、赤血球を傷つけて血流を悪化させます。

 

これを防ぐのが抗酸化酵素で、大豆発酵エキスは、抗酸化酵素のひとつです。

 

活性酸素には4つの成分が挙げられますが、この4つすべてに効果を発揮できるのが大豆発酵エキスなので、血行を良くするサプリメントには積極的に使われている成分なのです。

 

次に、納豆菌酵素のナットウキナーゼです。

 

ナットウキナーゼは、納豆の粘りの元になっている納豆菌の酵素で、血栓を溶かしやすくするというはたらきを持っています。

 

これは、血管の流れをスムーズにするためには非常に重要な役割です。

 

血栓は、怪我をしたときなどに止血のために作られるものですが、通常なら血液中の酵素によって溶かされます。

 

しかし、血液がドロドロになっていると、酵素の働きが鈍くなるため、血栓は溶かされずに大きくなってしまうのです。

 

大きくなった血栓は、血管を詰まりやすくしてしまい、心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な結果をもたらす原因となります。

 

この二つの有効成分の他にも、血行不良を改善するのに効果的な成分はいろいろあります。

 

血行不良のためのサプリメントには、こうした有効成分が配合されていて、血液のめぐりを良くしてくれるのです。



ホーム RSS購読 サイトマップ