血行不良サプリメント※人気ランキング

冷え性に悩む人は多く、特に女性は冷え性になりやすいため改善するための努力を続けている人も多いのではないでしょうか?

 

冬は特に冷えがひどくなるため、手足が冷えて眠れないなどの深刻な症状を抱える人も少なくありません。

 

冷え性を改善するために体を温めたり、半身浴や食事バランスに気を付けたりといろいろな方法を試しても変化が見られないと気落ちすることもあるでしょう。

 

いつまでも症状の改善が見られないと、一生治らないものなのかと思いがちですが、もしかしたら改善のための方法が合っていないのかもしれません。

 

冷え性の改善方法には、大きく分けて2通りの方法があります。

 

それは、一時的な方法と根本的な改善です。

 

一次的な方法というのは、湯舟にゆっくり浸かったり、暖房で部屋の温度を上げたり、重ね着をするなどして体を温める方法です。

 

この方法で温めた体は、一時的な体温の上昇にはつながりますが、冷え性の完全な改善につながっている人は多くありません。

 

冷え性をきちんと改善するためには、体が冷えている原因を知って、根本的な改善を目指す必要があるのです。

 

血液は体中を巡って、体のすみずみまで熱を運びます。

 

体中に張り巡らされている毛細血管は、地球2周分もの長さで、髪の毛の1/14の細さというごく細い血管です。

 

これだけ細い血管を通るのですから、血液がドロドロしていたら流れが悪くなるのも頷けますね。

 

また、血管自体が細くなっていても血流は悪くなります。

 

ストローで飲み物を飲むときに、ストローがつぶれていると飲み物をうまく吸うことができません。

 

血管も、ストローがつぶれるように狭くなっていると、血液がうまく流れなくなってしまうのです。

 

熱を運んでいる血液の流れが悪くなるということは、それだけ体が温まりにくくなるということです。

 

冷え性を引き起こしている原因は、血液の流れだったのです。

 

熱を運ぶ毛細血管は非常に細い血管ですが、体のどこかに歪みがあると、血管を圧迫して血流を悪化させます。

 

デスクワークのように座りっぱなしの状態が続く人など、毎日同じ姿勢でいることの多い人は、体に歪みがある可能性が高いです。

 

体の歪みは、見た目に現れるO脚や猫背といったものや、痛みになって現れる関節痛や腰痛などもあてはまります。

 

たった1か所が歪んでいるだけでも、その部分の毛細血管は圧迫されて縮まり、血液の流れを阻害するのです。

 

このように、血管が狭くなるのには原因がありますが、血液がドロドロになる原因は何でしょうか?

 

血液は、食べたものから作られています。

 

サラサラの血液を維持するためには、生野菜を摂ることが大切だといわれています。

 

体を冷やさないためと考えた際には温かい料理を食べようとする人が多いのですが、生野菜に含まれている豊富な水分と栄養は、血液をサラサラにする元となります。

 

野菜が本来持っている栄養は、加熱することで壊されたり水分を蒸発させてしまいます。

 

その代わりに調理によって使われた油や水道水、調味料が含まれるため、これが血液の中に入ってドロドロになる原因となります。

 

毛細血管はとても細いので、血液が少しでもドロドロになると流れは遅くなります。

 

生野菜を冷やして食べるのは、瞬間的に体を冷やすことに繋がりますから、食べる前に野菜を常温にしておくことや、口の中でたくさん咀嚼して温めてから体内に取り込むことを心がけます。

 

こうした要因によって毛細血管の血行は悪化しますが、これを改善する簡単な方法がサプリメントの摂取です。

 

血行不良に効果的なサプリメントを摂取することで、毎日食事の献立に血行不良改善のための食材を使うために悩まなくても、サラサラの血液を維持して冷え性を改善することができるんです。



ホーム RSS購読 サイトマップ