血行不良サプリメント※人気ランキング

約2億5千万年前から地球に存在するイチョウは、古来よりさまざまな文明で健康のために利用されてきた植物です。

 

イチョウはエキスに含有される主な成分は、フラボノイド13種以上とギンコライドという物質です。

 

イチョウ葉エキスの持つ高い治癒力はこれらの物質によるものです。

 

13種類以上のフラボノイドには、動脈硬化の改善や血管拡張作用、血糖値の正常化、ガンの予防などさまざまなはたらきがあり、健康な身体を維持するのに役立ちます。

 

こうした主成分のはたらきで、イチョウ葉エキスの主な効果は血行不良の改善です。

 

中でも毛細血管の血流改善に非常に高い効果を発揮します。

 

毛細血管の血行不良が引き起こす認知症や高血圧、冷え性、花粉症の改善に効果があるとされており、脳の血行改善には特に注目されています。

 

脳の血行が良くなると集中力が高まるため、集中して頭を使う受験生にぴったりの成分だといわれています。

 

イチョウ葉エキスは、サプリメントで摂取するのが効果的な方法です。

 

有効成分のひとつであるギンコライドは、イチョウの若木の葉または根のみに存在するため、サプリメントなどで成分を抽出したもの以外では摂取するのが難しいのです。

 

また、イチョウの若木であっても、収穫時期や地域によってギンコライドの含有量に大きな差があるので、安定した量の摂取にはサプリメントが最適です。

 

サプリメントによる有効成分の摂取は、毎日少量のカプセル等を飲むだけなので、手軽さが一番のメリットです。

 

イチョウ葉エキスのサプリメントを選ぶ際には、ギンコール酸という成分が除去されているものを選ぶといいでしょう。

 

ギンコール酸は、イチョウに含まれるアレルギー物質なので、安心してサプリメントを利用するためにも気をつけるべき点です。

 

日本ではサプリメントであるイチョウ葉エキスにおいて、ギンコール酸の除去義務は課せられていません。

 

このギンコール酸に対するアレルギー反応を持つ人には、服用した際に皮膚炎や腹痛などの症状が出る可能性があります。

 

イチョウ葉エキスのサプリメントを選ぶ際には、こうしたポイントに気をつけていろいろなサプリメントを比較してみましょう。

 

イチョウ葉エキスに含まれるフラボノイドのうち、イチョウ葉だけに含まれる特殊な二重フラボンが存在します。

 

二重フラボンとは、2種類のフラボノイドが重なったもので、血液循環効果において、その他のフラボノイドと比較すると約3倍も高い効果があるといわれています。

 

イチョウ葉エキスには、この二重フラボンが6種類含有され、毛細血管を拡張して血行の促進を助けるはたらきの他に、心臓や脳動脈の血流増加作用があります。

 

さらに、血流だけでなく血管自体が硬くなるのを防ぐ作用もあるため、イチョウ葉エキスは、血液をきれいにするはたらきと、血管を丈夫にするはたらきの両方を持ち合わせているのです。

 

こうしたイチョウ葉の成分に関する研究は、1950年代から継続して行われており、多くの研究論文が発表されているため、効果に対する信頼が高いのです。

 

ドイツの研究では、毛細血管の血流は、イチョウ葉エキスの摂取後1時間で57パーセントも増加したという結果が出ています。

 

また、2年以上に渡って脳の血行障害を持つ高齢の患者において、3ヶ月間イチョウ葉エキスを摂取したところ、脳の機能は平均で72パーセントも改善されたという研究結果もあります。

 

イチョウ葉エキスのサプリメントには、イチョウ葉エキスだけでなく、その他の血流改善成分も一緒に配合されているものが多いです。

 

加熱調理に弱いビタミンEや、毎日食べるのは難しい青魚に含まれるDHAなども一緒に摂取できるので、血行不良の改善にはサプリメントを利用するのがおすすめです。



ホーム RSS購読 サイトマップ